【会員の図書】『我々はどこへ向かうべきか―コロナ時代を生き抜く地球市民こころ白書—』

タイトル:『我々はどこへ向かうべきか
      ―コロナ時代を生き抜く地球市民こころ白書—』
原題  :『우리는 어디로 가야 하는가
      ―코로나 시대를 살아가는 지구시민 마음백서―』
刊行日 :2020年10月25日
ページ :368頁
企画者 :モシヌンサラムドゥル哲学スタジオ(趙晟桓 ほか)
出版社 :図書出版モシヌンサラムドゥル(도서출판 모시는사람들
ISBN :979-11-6629-005-3 (03300)

 コロナ時代を迎えコロナ19に関する本が溢れかえっている。その多くの書籍のなかで本書が持つ特徴を一つ挙げると「省察」であると言えよう。コロナ19が我々に語らんとしているのは何か、そして我々はこの先どうすべきなのかについて考える時間を設けたかった。特に第5部では「青年の声」を込め、未来世代の考えと悩みを傾聴する場をつくった。彼等こそこの先人類と地球の未来を担っていく「地球世代」だからである。

(巻頭言より)

・趙晟桓「プロローグ:COVID-19が語りかけるもの」(日本語PDF
・もくじ(日本語PDF

・片岡龍「だれがどんなニューノーマルを‘先導’するのか?」(日本語PDF
・佐々木隼相「科学者は何を伝えているのか?」(日本語PDF
・楊世帆「コロナに立ち向かう際に、
      人々はなぜ憎しみ合うか」(日本語PDF
・崔多蔚「心の霊性とは何か―繋がり、合一、区分の
      霊性の提案と霊性的免疫力について」 (日本語PDF

※上4つの原稿は投稿時のもので、実際の掲載された文章(韓国語)では表現や注などが修正されている可能性があります。

【会員の図書】『世界はなぜ韓国に注目するのか—韓国社会COVID-19市民白書—』

タイトル:『世界はなぜ韓国に注目するのか
       —韓国社会COVID-19市民白書—』
原題  :『세계는 왜 한국에 주목하는가 -한국사회 COVID-19 시민백서-』
刊行日 :2020年04月30日
企画者 :モシヌンサラムドゥル哲学スタジオ(趙晟桓 ほか)
出版社 :図書出版モシヌンサラムドゥル(도서출판 모시는사람들

 この本は、コロナ19によって惹きおこされた「ニューノーマル(新常態)」にたいする20篇の診断書である。この診断作業に参加した著者は、20代の大学生から50代の平和運動家にいたるまで、多様な世代にわたっている。発信地も韓国をはじめ、日本・中国・スペインなど各国に跨がり、内容はコールセンター労働者の生から近代文明の診断にいたるまで幅ひろい。分野も多彩で、政治をはじめ、メディア・医療・モラル・宗教・映画・哲学などを網羅している。その意味で、「コロナ19地球市民白書」ないしは「コロナ19地球人文学」と言える。したがって、この本は読者に、コロナ19にたいする包括的かつ深みのある情報と分析を提供すると信じる。

(巻頭言<企画者のことば>より)

・趙晟桓「地球人の眼で見たコロナ19」巻頭言(日本語版韓国語版
・目次(韓国語版
・報道資料―「韓国社会COVID19市民白書」(日本語版韓国語版