【お知らせ】オンライン実心実学読書会 第5回開催案内 8月21日(土)14:00~17:00

会員のみなさま

オンライン実心実学読書会第5回を、以下の要領で開催いたします。

今回は、KAIST(Korea Advanced Institute of Science and Technology 韓国科学技術院) 人文社会科学部招聘教授の裵寛紋さんをお招きして、「近代学問の在り方そのものに対する批判的な省察の契機」(裵寛紋『宣長はどのような日本を想像したか』「はじめに」)となることをめざされたご著書をめぐって、対話したいと思います。

・裵寛紋(ベ・カンムン、BAE Kwan-Mun)さんの紹介 :リンク1リンク2
・ご著書の紹介:リンク

奮ってご参加ください!

なお、対象論文を事前に読めなくても大丈夫です。
また会員・非会員を問わず、自由にお誘いいただいても、問題ありません(事前連絡不要)。

【オンライン実心実学読書会第5回】

日時:8月21日(土)14:00-17:00(日本時間)
場所:Zoomミーティング

対象図書裵寛紋『宣長はどのような日本を想像したか『古事記伝』の「皇国」』(笠間書院、2017)

コメンテーター
増田友哉(東北大学大学院 博士後期課程)
蒋 建偉(浙江師範大学外国語学院 講師)

プログラム
14:00-14:10 開会あいさつ、趣旨説明(片岡龍)
14:10-14:30 参加者自己紹介
14:30-14:50 増田さんコメント
14:50-15:00 裵寛紋さんリプライ
15:00-15:20 蒋さんコメント
15:20-15:30 裵寛紋さんリプライ
15:30-15:40 休憩
15:40-16:55 参加者との対話
16:55-17:00 閉会あいさつ、次回予告(片岡龍)

日本東アジア実学研究会事務局

【お知らせ】オンライン実心実学読書会 第4回開催案内 7月23日(金、スポーツの日)13:30~17:30

会員のみなさま

オンライン実心実学読書会第4回を、以下の要領で開催いたします。

板垣雄三さん

今回は、東京2020オリンピック開会式日である7月23日に、板垣雄三さん(会員、東京大学名誉教授、東京経済大学名誉教)の「時評 日本学術会議問題2020がわれわれに投げかける課題(その2)」(『歴史学研究』1011、2021.7)を対象に、また日本学術会議第1部の現会員である栗田禎子さん(千葉大学 教授、日本パグウォッシュ会議 副代表)をゲストにお迎えして、対話したいと思います。

奮ってご参加ください!

【第四回実心実学読書会】

日時:7月23日(金、スポーツの日)13:30~17:30(日本時間)
場所:Zoomミーティング

作品:板垣雄三「時評 日本学術会議問題2020がわれわれに投げかける課題(その2)」(『歴史学研究』1011、2021.7)
参考:板垣雄三「時評 日本学術会議問題2020がわれわれに投げかける課題(その1)」(『歴史学研究』1008、2021.4)

ゲスト:栗田禎子さん(日本学術会議第1部 会員、千葉大学 教授)
コメンテーター:本郷隆盛さん(宮城教育大学 名誉教授)、片岡龍(東北大学 教授)

プログラム
13:30-13:40 開会あいさつ、趣旨説明(片岡)
13:40-14:10 参加者自己紹介
14:10-14:20 栗田さんゲストトーク
14:20-14:50 本郷さんコメント
14:50-15:20 片岡コメント      
15:20-15:30 板垣さんリプライ
15:30-15:40 休憩
15:40-17:25 全体討論
17:25-17:30 閉会あいさつ、次回予告(片岡)

日本東アジア実学研究会事務局

【お知らせ】オンライン実心実学読書会 第3回開催案内 6月26日(土)14:00~17:00

会員のみなさま

オンライン実心実学読書会第3回を、以下の要領で開催いたします。

趙晟桓さん

今回は、最近韓国で「地球人文学」を提唱されている趙晟桓さん(会員、円光大東北アジア人文社会研究所HK教授)をお招きし、また鶴見和子さんの論文ともつなげて対話したいと思います。

奮ってご参加ください!

なお、対象論文を事前に読めなくても大丈夫です。
また会員・非会員を問わず、自由にお誘いいただいても、問題ありません(事前連絡不要)。

【オンライン実心実学読書会第3回】

日時:6月26日(土)14:00-17:00(日本時間)
場所:Zoomミーティング

対象論文:
1、趙晟桓「人新世時代の韓国哲学 -「ニム」を歌う詩人 李奎報-」

2、鶴見和子「アニミズム・シャマニズムと暴力のより少ない科学」(富阪キリスト教センター編『エコロジーとキリスト教』新教出版社、1992。のち『鶴見和子曼荼羅Ⅵ 魂の巻』藤原書店、1998所収)

コメンテーター:小倉紀蔵さん(会員、京都大学)、朱琳さん(会員、仙台高専)

プログラム
14:00-14:10 開会あいさつ、趣旨説明(片岡龍)
14:10-14:30 参加者自己紹介
14:30-15:00 小倉さんコメント
15:00-15:20 趙晟桓さんリプライ
15:20-15:30 休憩
15:30-16:00 朱琳さんコメント
16:00-16:20 趙晟桓さんリプライ
16:20-16:55 参加者との対話
16:55-17:00 閉会あいさつ、次回予告(片岡龍)

日本東アジア実学研究会事務局

【お知らせ】オンライン実心実学読書会 第2回開催案内 5月22日(土)14:00~17:00

会員のみなさま

オンライン実心実学読書会第2回を、以下の要領で開催いたします。

今回は、田中正造、福澤諭吉、勝海舟、内村鑑三、幸徳秋水などを中心に、足尾鉱毒事件にかかわる「近代の問題」をめぐる明治思想世界の対立、分岐、ジレンマの緊張関係を浮き彫りにされた書を昨年刊行された商兆琦さん(復旦大学、非会員)をお招きいたします。

奮ってご参加ください!

なお、対象書を事前に読めなくても大丈夫です。
また会員・非会員を問わず、自由にお誘いいただいても、問題ありません(事前連絡不要)。

【オンライン実心実学読書会第二回】

日時:5月22日(土)14:00-17:00(日本時間)
場所:Zoomミーティング

対象書:商兆琦『鉱毒問題と明治知識人』東京大学出版会 (2020/9/28)
コメンテーター:片岡龍(東北大学、会員)、崔多蔚さん(東北大学大学院、会員)

プログラム:
14:00-14:05 開会あいさつ、商兆琦さん紹介、(片岡龍)
14:05-14:30 参加者自己紹介
14:30-14:50  片岡コメント
14:50-15:10  商兆琦さんリプライ
15:10-15:30  崔多蔚さんコメント
15:30-15:40  休憩
15:40-16:00  商兆琦さんリプライ
16:00-16:55 参加者との対話
16:55-17:00 閉会あいさつ、次回予告(片岡龍)

日本東アジア実学研究会事務局

【お知らせ】日本東アジア実学研究会 2021 年度国内大会のご案内 5 月 29 日(土) 13:00~16:30

日本東アジア実学研究会 2021年度国内大会(PDF

開催日:2021年5月29日(土) 13:00~16:30
開催方法:Zoomによるオンライン開催

総合司会 高橋恭寛(多摩大学)

●開会挨拶・進行方法の確認 (13:00~)
開会挨拶 片岡龍(日本東アジア実学研究会会長 東北大学大学院教授)
進行方法の確認 高橋恭寛


●基調講演(非会員歓迎)
小島康敬
(日本東アジア実学研究会副会長 国際基督教大学名誉教授)
「源日本思想史学―その根底にある人間理解―」


●研究報告(発表者一覧)
渡邊裕馬(埼玉大学大学院)
「少論また湖論に対する反駁としての農巖金昌協「知覚」論再考」

李然(京都大学大学院)
「李徳懋の「日本学」の形成について」

銭月(東北大学大学院)
「雲起社からみる明末福建における文人結社の様相及び影響」

高城建人(京都大学大学院)
「李承晩の政治体制・民意・政党認識とその限界」

銭正枝(京都大学大学院)
「近代日本における「美術」概念と道教―岡倉天心の言説を中心に」

王一兵(東北大学大学院)
「大槻玄沢のロシア研究における南下政策と切支丹宗門―『北辺探事』を中心に」

増田友哉(東北大学大学院)
「本居宣長のヒューマニズム ―武ならざる雅の追求」


【参加申込方法】
 下記のURLかQRコードよりお申し込みください。お申し込みいただいたメールアドレス宛に2021年5月下旬に大会用のZoomリンク・IDをお送りします。

※研究報告の各Roomに関しては、同様に、Zoomリンクを確認したいと思います。

参加申込フォーム:https://forms.gle/dbBcqmRuMvUZtYVFA

【入会の御案内】

非会員の方は、この機会に是非ご入会いただければ幸いです。
日本東アジア実学研究会「入会案内/会費


※ご不明な点は、国内大会準備委員会担当の高橋までお問い合わせください。

【連絡先】
多摩大学経営情報学部 高橋恭寛
E-mail:takahashi-ya*tama.ac.jp (*を@に置き換えてください)
電話:042-337-7128

【お知らせ】オンライン実心実学読書会(仮称)第1回開催案内 4月24日(土)14:00~17:00

会員のみなさま

オンライン実心実学読書会(仮称)第一回を、以下の要領で開催いたします。

記念すべき第一回には、中村惕斎の『訓蒙図彙』に関するご著書を、今月出されたばかりの石上阿希さん(非会員、国際日本文化研究センター特任助教)をお招きいたします。
奮ってご参加ください!

なお、対象書を事前に読めなくても大丈夫です。
また会員・非会員を問わず、自由にお誘いいただいても、問題ありません(事前連絡不要)。

【オンライン実心実学読書会(仮称)第一回】
日時:4月24日(土)14:00-17:00(日本時間)

作品:石上阿希『江戸のことば絵事典 『訓蒙図彙』の世界』(角川選書、2021)
コメンテーター:佐々木隼相さん(会員、東北大学大学院)
        李月珊さん(会員、山東大学外国語学院講師)

プログラム:14:00-14:10 開会あいさつ、趣旨説明(片岡龍)
      14:10-14:30 参加者自己紹介
      14:30-15:00  佐々木隼相さんコメント
      15:00-15:20  石上阿希さんリプライ
      15:20-15:30  休憩
      15:30-16:00  李月珊さんコメント
      16:00-16:20  石上阿希さんリプライ
      16:20-16:55  参加者との対話
      16:55-17:00  閉会あいさつ、次回予告(片岡龍) 

日本東アジア実学研究会事務局

【お知らせ】『自然と実学』第6号 投稿論文の募集(2021年6月末日〆切)

『自然と実学』第6号 投稿論文の募集(PDF

会誌『自然と実学』第6号(2021年8月、オンライン公開)につきまして、下記の通り、投稿論文を募集いたします。ふるってご応募いただきますよう、お願い申し上げます。

【投稿規定】

●募集内容
下記のテーマのいずれかを満たす内容の未発表論文を募集します。
①17〜19世紀を中心にした東アジアの実学に関するもの
②戦争と実学
③そのほか、「自然」および「実学」に関するもの

●字数
25,000字をもって一応の上限とします(注・図表・スペースも含む)。

●締め切り

2021年6月末日
メールのばあいは必着、郵送のばあいは当日消印有効とします。

●様式

メール:Wordもしくは一太郎で作成し、ファイルを提出してください。
郵 送:Wordもしくは一太郎で作成し、データを保存した記録メディアを提出してください。そのさい、プリントされた完成原稿一部を添えてください。

●宛先
下記のメールアドレスもしくは住所にお送りください。
メール:『自然と実学』第6号編集委員会 shizentojitsugaku06*gmail.com(*を@に置き換えてください)
郵 送:〒980-8576宮城県仙台市青葉区川内27-1 東北大学大学院文学研究科日本思想史研究室内『自然と実学』第6号編集委員会

●公開
2021年8月末、日本東アジア実学研究会HPにて公開予定です。

●その他

投稿論文のほか、研究ノート、資料翻刻・紹介、書評を募集しています。詳しくは編集委員会までご連絡ください。
投稿論文の掲載にあたっては、今年5月の国内大会の発表者を優先します。(2021年3月2日追記)

*問い合わせ先
『自然と実学』第6号 編集委員会 委員長 佐々木隼相
shizentojitsugaku06*gmail.com (*を@に置き換えてください)

【お知らせ】6月26日(金)東北大学韓国学セミナー《コロナ禍の中の在日コリアンの現状と展望:ウェブセミナー》

6月26日(金)東北大学韓国学セミナー《コロナ禍の中の在日コリアンの現状と展望:ウェブセミナー》

※東北韓国学フォーラムホームページ詳細記事はこちらをご覧ください。

“【お知らせ】6月26日(金)東北大学韓国学セミナー《コロナ禍の中の在日コリアンの現状と展望:ウェブセミナー》” の続きを読む