【読書会】オンライン実心実学読書会 第3回6月26日(土)

【オンライン実心実学読書会 第三回】
日時:6月26日(土)14:00-17:00(日本時間)

対象論文
①趙晟桓「人新世時代の韓国哲学-「ニム」を歌う詩人 李奎報-」
②鶴見和子「アニミズム・シャマニズムと暴力のより少ない科学」(富阪キリスト教センター編『エコロジーとキリスト教』新教出版社、1992。のち『鶴見和子曼荼羅Ⅵ魂の巻』藤原書店、1998所収)

コメンテーター:小倉紀蔵さん(会員、京都大学)
        朱琳さん(会員、仙台高専)

オンライン会議動画

プログラム:14:00-14:10 開会あいさつ、趣旨説明 (00:00:00)
      14:10-14:30 参加者自己紹介 (00:06:46)
      14:30-15:00 小倉さんコメント (00:36:48)
      15:00-15:20 趙晟桓さんリプライ (01:06:38)
      15:20-15:30 休憩
      15:30-16:00 朱琳さん発展コメント (01:39:10)
      16:00-16:55 全体討論 (01:58:40)
      16:55-17:00 閉会あいさつ、次回予告(片岡龍)

参考論文
①Sunghwan Jo, ‘Nimology: Posthumanism in Modern Korea’(PDF
②趙晟桓・許南診「アニミズムの復活と韓国のニム学」<韓国語>
③イジュヨン「「アニミズムの復活と韓国のニム学」を読んで」<韓国語>
④崔玲愛「中国古代音より見た韓国語「ムオッ」「ムーダン」「ニム」の語源問題」

資料
第三回実心実学読書会プログラム等(PDF
小倉紀蔵さんコメント(PDF
朱琳さんコメント(PDF

投稿日: カテゴリー 勉強会